沿革

1951年 中川防蝕工業株式会社創立
1952年 「給水管の電食防止法」に対し運輸省より科学技術応用助成金交付
1953年 「海中施設の電気防食法」に対し運輸省より科学技術応用助成金交付
1956年 三井金属鉱業と資本・技術提携
1965年 上尾鋳造加工工場開設。  アルミニウム合金陽極ALAPの鋳造開始
1966年 スカルペノード(ノルウェー)と船舶電気防食及び無機質塗料の販売提携
1981年 ウイン&コールズ社(英国)及びオーストラリアデンゾー社とPTC工法の技術供与契約
1991年 社名を株式会社ナカボーテックに変更し、シンボルマークを新しく設定
1993年 上尾新工場完成
1995年 株式店頭登録。  本社を中央区新川に移転
1997年 コープロ社(米国)と業務協力の覚書を締結
1998年 ISO9001認証取得
2004年 ジャスダック証券取引所に上場
2006年 羽田空港再拡張に伴う防食工事を受注
2008年 コンクリート構造物塩害対策としての流電陽極方式ALAPANEL®の現地施工を開始
2010年 倉敷岩盤備蓄基地の配管竪抗内に電気防食工法が採用
2011年 創立60周年
2013年 東京電力(株)富津火力発電所において、海生生物付着防止装置(KIHIパネル®)が採用
2014年 横浜市水道局において、C/Sマクロセル防止対策の新工法(マクロス®工法)が採用